痛み

  • 痛みをとりたい
  • 痛くて寝れない
  • 痛くて動きたくない
  • 痛くてイライラする
  • 痛くてうつっぽくなる

札幌市で脳梗塞の後遺症によって痛みが続く方に対して

「身体の構造から痛みの根本を探す」ことを考えて

リハビリを行います。一つ一つ確認すれば必ず問題が見えてきます。

痛みは辛いことです。お気軽にご相談・体験リハビリにお越しください。

痛みにお悩みの方

「痛みがとれない」、「痛くて寝れない」、「痛いから何もできない、する気がおきない」など痛みに悩みを感じていらっしゃる方も多いと思います。

病院に行っても痛みの原因はわからず、薬を処方されて経過観察を続けている方も多くいらっしゃると思います。

痛みの原因は多岐にわたり、原因の特定は難しいことが多いのは事実です。

 

しかし、姿勢の歪みなどにより二次的に痛みがでている場合も多く見受けられます。

これらの改善により血液の循環が良くなることで痛みが緩和されることもあります。

こちらでは専門的知見をもった担当者(作業療法士)が希望を聞きながら原因を特定し、痛みの状態に合わせたプログラムで施術をすることでご要望に応えるよう努めています。

主な疾患と症状

リハビリ対象となる主な疾患は脳卒中(脳梗塞、脳出血など)などにより麻痺(まひ)でお困りの方になります。

その他、骨折された方、理由はわからないけど痛みがある方、などなどにお困りの方が対象になります。

 

気になることはいつでもお聞きください。

リハビリにより痛み改善

痛みに対して、以下の2点を中心にリハビリを行います。

 

●モビライゼーション

モビライゼーションとは、曲げにくかったり、伸ばしにくい関節の動きを改善したり、柔軟性の低い筋肉を伸ばしたり、強張っている筋肉を柔らかくする。他に、関節の安定性や神経の動きをスムーズにする方法です。

このモビライゼーションを行うことで、痛みの軽減、関節の動きの改善や筋肉、骨、靭帯などの組織の治癒の促進をはかります。

 

●関節可動域練習

変形・変性や炎症など関節の構造に問題がある場合、関節の可動域に制限ができてしまいます。また、関節の構造に問題がなくても、痛みが長期間続き可動性が低下した期間が続くと、筋肉や靭帯などの柔軟性が低下してしまい、関節の可動域に制限ができてしまうこともあります。

自動運動(痛みのない範囲で自分の力で動かす運動)や自動介助運動(助力による運動)、愛護的な他動運動(第三者の用手などの外力によって動かす運動)を組み合わせながら、ご負担が少ないように可動域の維持・改善をはかります。

 

患部だけでなく、二次的に起こった他部分の痛みや悪化した姿勢が良くなるには時間がかかります。

全身の関節・筋力・脳からの神経伝達・バランスを考えたリハビリをすることが大切です。

 

痛みの緩和後に必要に応じて、以下の訓練も行います。

●固有受容性神経筋促通法(PNF)

脳卒中などによる麻痺が日常生活では支障がない程度でも、痛みの原因になる場合があります。

筋や関節などの位置や動き、力の受容器に刺激を加えながら運動を誘導することで、中枢神経(=脳と脊髄)機構の働きを賦活化し、神経・筋の活動を促進させる方法を行い、再発防止をはかります。

 

●筋力強化練習

動かさないでいる期間が長期間になると、筋力が低下してしまい、筋力強化練習を行う必要がある場合があります。

その際、痛みの程度や筋力低下の部位や程度、病歴によって練習内容を考慮する必要があります。

 

●歩行などの動作練習

痛みが軽減しても、痛みの恐怖心により動作性が改善されにくいことがあります。

再発予防や動作性の獲得のために、個人のもちうる能力を最大限に引き出し、歩行などの動作の安定性、効率性、実用性の向上をはかります。

 

痛みの発生原因が異なればリハビリの内容も当然変わります。

私たちは身体の「痛み」が心の「痛み」に変わることを知っています。

痛みの苦しみを少しでも楽にしてあげたい。私たちの想いはリハビリで実現を目指します。

丁寧にお身体の状態を確認し、痛みの根本的な原因を解決し笑顔を取り戻すサポートをさせていただきます。