足があがらない

  • 足が上がらない
  • 足を床にこする
  • よくつまずく
  • よく転ぶ
  • 階段が上れない

札幌市で脳梗塞の後遺症によって足が上がらない方に対して

「身体の構造から理由を探して解決する」をモットーに

リハビリを行います。一つ一つ確認すれば必ず問題が見えてきます。

お気軽にご相談・体験リハビリにお越しください。

足があがらないことにお悩みの方

「足があがらない」、「足がもつれる」、「小さな段差につまずくことが増えた」などと感じていらっしゃる方も多いと思います。

これらの原因は、一見足だけの問題だと思われがちですが、姿勢や筋力など身体の変化によって起こることが多く見受けられます。

こちらでは専門的知見をもった担当者(理学療法士・作業療法士)が希望を聞きながら原因を特定し、身体の状態に合わせたプログラムでリハビリを行います。

足が上がらない主な疾患と症状

リハビリ対象となる主な疾患は脳卒中(脳梗塞、脳出血など)などにより麻痺(まひ)でお困りの方になります。

その他、骨折された方、筋力が落ちてきたと感じている方、理由はわからないけど足がひっかかる、つまずくようになった、などなどお困りの方が対象になります。

 

気になることはいつでもお聞きください。

リハビリのポイント

足が上がらないことには必ず原因があります。

リハビリをする上で大切なことはその原因を把握することです。

筋力の低下だけでは説明がつかないことをリハビリで解決していくことが脳梗塞リハビリステーション札幌中央の使命だと思っています。

 

理由を追求し、根本的なことから変えていくことを目指します。