防寒のすすめと年末年始のお知らせ

2021年12月9日

こんにちは。

作業療法士の小笠原です。

 

先日降った雪もすっかり溶けましたね。

天気予報では安定した天気が続きそうなので一安心ですが、時々ブラックアイスバーンの箇所があるので気をつけましょう。

 

冬は、転倒による骨折も増える時期です。

怪我をしてしまわないように、冬の間は十分注意して外を歩くようにしましょう。

滑りにくい靴選びも大切ですが、備えも大切です。

 

たとえば、

ポケットに手を入れて歩くとバランスを崩しやすく、滑った際に受け身も取りにくく危険度が増してしまいます。

手袋を着用し、なるべく手はフリーにするのがおすすめです。

手持ちのカバンはいざという時に盾にも武器にもなるので便利ですが、リュックは背中が暖かく、手がフリーになりバランスがとりやすく、後ろに転んだ際にクッション代わりにもなります。

帽子を被ると防寒だけでなく、転倒した際に頭への衝撃を減らすことができます。

しっかりとした防寒は防御にもなります。

お出かけの際は暖かい装いをして、自分の身を守りましょう☆

過去のブログ→「冬道の歩き方のコツ」

 

さて、

今年も着々と終わりが近づいてきましたので、年末年始の営業日のお知らせです。

12月31日(金)~1月3日(月)までの間、脳梗塞リハビリステーション札幌中央は冬季休業とさせていただきます。

年明けは、1月4日(火)~営業再開いたします。

よろしくお願いいたします。

1 2 3 4 5 27