夏にお勧めの飲み物

2021年07月28日

こんにちは!作業療法士の小笠原です。

暑い日が続きますね。

今回は、夏を乗り切るためにお勧めの飲み物を紹介します。

 

それは、

水出しコーヒーです!

 

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸には様々な効果があり、老化予防の他、がんの抑制に健康効果が高いです。

ポリフェノールは熱に弱いので、ホットより水出しアイスコーヒーの方が効果があると言われています。

一般的なアイスコーヒーに使われている深煎り豆も重要なポイントです。

焙煎が深くなるとカフェインは少なくなり、ニコチン酸は増えると言われています。

ニコチン酸は心身の安定に欠かせないビタミン・ナイアシンに変化する成分とされており、体内のナイアシンが欠乏すると、過度な疲労、頭痛、不眠、皮膚炎などを起こして、脳や神経機能が誤作動することもあるようです。

 

水出しコーヒーはホットに比べて香りやコク、ボディー感が落ちますが、苦みや渋みが少なく、まろやかな甘みを感じることができます。

長時間保存しても酸化しづらいという利点もあります。

蓋つき容器を使用すれば、冷蔵庫で2~3日保存が可能。

温めて飲んでも美味しいので、扱いのお手軽さも夏にぴったりな理由です!

 

<作り方>

準備するもの★

・コーヒーの粉 40g

(深煎り。細挽き。さっぱりと飲みたい場合は中細挽き。)

※カフェインを控えている方は、デカフェのコーヒー豆を使用しましょう。

・お茶パック1~2枚と蓋つきのポット

(あれば、コールドブリュー用のジャグ)

・水600ml

(常温。水道水でOKです。)

 

作り方★

1.お茶パックにコーヒーの粉を入れます。

2.ポットに1を入れ、静かに水を注ぎます。

3.蓋をして約8時間冷蔵します。

4.お茶パックをそっと取り出して出来上がりです。

 

最後に、

コーヒーには、抗菌作用や善玉コレステロールを増やす効果もあることが知られていますが、砂糖の摂りすぎは健康を害しますので注意しましょう。

アイスコーヒーのイラスト

1 2 3 4 5 48