お客様の声 | 札幌市 脳梗塞リハビリステーション札幌中央

  • 眠っていた麻痺の部分が目覚めるようでした。

    私は脳梗塞を発症し、右半身の麻痺が生じました。入院中、病院でのリハビリを頑張り、退院することが出来た時は本当に嬉しかったのですが、その喜びもほんの一月ほどでした。病院を退院する時の麻痺側の状態は、ゆっくりと動作をすれば出来る程度であり、退院してから徐々に「こんな状態で主婦の仕事はやっていけるのだろうか・・・」と心配になってきました。
    退院後はデイケアに通いリハビリを継続していましたが物足らず、どこかに保険外でもリハビリが出来るところがないかとインターネットで検索したところ、脳梗塞リハビリステーション札幌中央のサイトにいきあたりました。
    私の切実な声が伝わったようで、送迎もしてもらうことになったので通い始めることにしました。
    セラピストの増田さんの手技は、デイケアでは深く入り込めない部位にまで施術をして下さり、眠っていた麻痺の部分が目覚めるような感覚でした。痛いところも少しずつ減って、手の可動域も少しずつ広がっていきました。自主練習のメニューも渡してくださり、ありがたかったです。
    保険がきかないので、どうしてもお値段が若干高いのは仕方ないことですが、良くなった喜びの方が勝ります。
    まだまだ折々に継続したいと思っています。
    宜しくお願いしますね。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 少しですが感覚不良が改善したような気がします。

    軽度の脳梗塞を発症し、右半身の痺れ・感覚不良が生じてしまいました。病院を退院した後、自分でもリハビリをしていましたが、なかなか良くならず、少しでも回復しないかと思い、ネットで探して脳梗塞リハビリステーション札幌中央のことを知り、体験リハビリプラン3回を行いました。
    入院中のリハビリメニューにはない、複数のことを経験させていただきました。
    おかげで、少しですが体の感覚不良が回復したように思います。作業療法士の増田さんに感謝です。
    ありがとう。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 自分が気付いていなかったことを、気付かせてくれます。

    大体4年前に脳梗塞を発症し、脚に麻痺が残っている状態です。何とか装具と杖を使って歩くことは出来ていますが、自分としてはもっとしっかり歩けるようになりたいという想いを持っています。年齢的にまだ私は若い方なので、働きながら訪問リハビリなどの介護保険サービスを利用してリハビリを継続していますが、あまり歩行状態の変化はみられず、なんとか歩行の質をあげたいと思っていました。
    知人からこの施設の話を聞き、体験を受けることにしたのですが、凄く丁寧に細かいところまでみてくれるのが良かったです。自分としては脚のことばかり気にしていましたが、今までしたことのない動きをしてみると、まだ肩回りもお腹回りもうまく力を入れることが出来ていない・身体を使うことが出来ていないことが自分でもわかりました。今までも麻痺側の運動をしっかりしているつもりでしたが、自分なりに力を入れているつもりでも思いのほか力は入っておらず、ここのセラピストの方と一緒に運動してみて「力を入れるというのはこういう事なのか。」と感覚的にも理解しながら運動することが出来たので良かったと思いました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 趣味を再開するために頑張っています。

    半年前に脳梗塞を発症しました。幸い、目立った麻痺はないものの、以前と比べると体のこわばりやふらつきが増え、歩いていると徐々に前のめりになって転びそうになることが増えました。自分としては長く入院してリハビリをしっかり受けたかったのですが、症状が軽いためにすぐ退院せざるを得ませんでした。私の趣味は旅行ですが、不安定な歩き方では危険なので、もっとしっかり歩けるようになるためにこの脳梗塞リハビリステーション札幌中央に通うことを決めました。
    正直、ここに通い始めた時は「対して効果なんて出ないだろう。」と思っていて、そんなに期待はしていませんでした。でも、リハビリをしているうちに、歩くときの身体のこわばりが減って、ふらつきもなくなってきたのがわかりました。よく一人で外出もしていますが、体が軽く、歩きやすくなったのを感じ嬉しく思っています。
    自信がついてきたので、この調子でリハビリを頑張って、また旅行を楽しみたいと思います。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 生活に活かせるアドバイスや自主練習を教えてもらいました。

    脳梗塞を発症してから、もうすぐ1年が経ちます。麻痺の後遺症が残っていますが、退院してから特にどこにも通わずに生活を送っていました。病院のリハビリの人には、もっと麻痺側の筋肉をつけるようにと言われていましたが、具体的にどんな運動をしたら良いのかは指導してもらっていなかったので、方法もわからず困っていました。このままでは、どんどん力が落ちてしまうと思い、どこかリハビリが出来るところはないかと探していたところ、この脳梗塞リハビリステーション札幌中央を見つけました。
     ここのリハビリは時間が長いので、しっかり説明をしてもらいながら訓練をすることができました。自分では麻痺の目立つ腕・脚のことしか気にしていませんでしたが、ここでリハビリを受けていると、意外と体幹の力が落ちていることがわかりました。体幹の力が落ちていると、それが姿勢・バランスにも影響するということを知ったので、腕や脚だけでなく、体幹部分もしっかり鍛えていこうと考え方が変わりました。運動をするだけではなく、私の肩の痛みが強くならないように、日頃から気を付けるポイントを教えてくれたのも良かったです。沢山のことを教えてもらったので、それを生活の中でしっかり実践していこうと思います。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

1 2