「自費リハビリ」について

2021年08月19日

こんにちは。

作業療法士の小笠原です。

 

本日は、はじめてHPをご覧になる方のために、改めて「自費リハビリ」についてお話ししようと思います!

 

 

まずは、

背景について。

 

近年では、社会保障給付費の増加を背景に、入院期間が短縮され続けています。 

 

退院後も継続したリハビリをする場合、介護認定を受けて訪問リハビリや通所リハビリで実施する事になります。

 

医療保険や介護保険で利用するリハビリは、保険内での利用の制約が多く時間や回数に制限があります。

 

最近はリハビリ特化型の介護保険デイサービスが増えており、理学療法士や作業療法士が対応している事業所もありますが、マンパワーや時間の制約のために個別に十分な対応するには難しい部分があります。

 

そのため、退院後も十分なリハビリを受けたくても受けられない方が多くいらっしゃいます。

 

特に、若くして脳梗塞を発症し麻痺が残った方は、

 

 残りの人生どうなるのか?

 

 復職は出来るのか?

 

など…不安な日々を送っている事と思います。

 

 

そこで!

 

リハビリ国家資格所有者による、

 

90分マンツーマンでの

 

  「自費リハビリ」です。

 

保険を使わず自費で行いますので、期間や回数の制約がありません。

ご自身のペースでリハビリを行うことができます

 

当施設では作業療法士がご対応しますので、

歩行だけでなく、高次脳機能障害(話し辛いや左側が認識しづらいなど)、手のリハビリもしっかりできます。

 

 あなただけの個別リハビリプログラム

 

目標を共有しながら、

理想の自分を目指しませんか?

 

 

ご相談だけでも構いませんので、お問い合わせください。

 

無料体験プランもございますので、お気軽にご相談ください。

 

リハビリをする男性とスタッフのイラスト

 

1 2